JAM'S OFFICE

こじんまりとした事務所の中には、Jazzie Jamの過去、現在、未来に渡る『Works』や、『使用機材』など、音楽に関わる情報が保管されている。

Leave

▼MUSIC ACTIVITY DATA


音楽活動について、過去現在、記憶の限り記述して行きたい。

自身のSolo以外で、現行のPJTやこれから立ち上がるPJTを話せる範囲で記載。


works
Cocoa Essence
[2009 - ]
2009年にSinger MIYABIを中心に結成。繊細で切れのある歌声のMiyabiとトラックメイカーJazzie Jamによる独自の新たな音楽の形を追求する実験的ユニット。2011年にリリースした「Believein Myheart」を皮切りに、様々な音楽的なアプローチに取り組む。彼らの日々の進化に目が離せない。

Cocoa Essence was formed in 2009. Their work includes an element of R&B and the jazz. In addition, they bring about an experimental, calm sound. The unique music affected by Organic Soul goes over the border.
Website


Music Box(Orgel) works
[2000 - ]
オルゴールのアレンジは、2000年頃から趣味で行っていた。『Silent Night -music box-』は、レーベル『United Sweet Soul』内のStoreで無料配信も行っていた事があり、国境を越えて一定の評価を受けている様である。
© Jazzie Jam. All Rights Reserved.

全部記載すると途轍もない量になる為、ほんの少し記載。
過去から現在に向かって思い出していこう…



Game Music
[1991 - 1995]
※音源を限定公開
8歳の時に見た『Sony Music TV』の影響で、旋律がハッキリとした曲を好むようになった。日本の歌謡曲よりは、『Cyndi Lauper』の『Girls Just Want to Have Fun』や『Culture Club』の『Karma Chameleon』を好んで聞いていた。
その一方、旋律がハッキリとした曲ということで、Dragon Questのオーケストラ版等も好んで聞くようになり、中学生の頃には、自身で曲を作るようになった。
奇跡的に当時自主制作していたRPGの街の音楽データが残っていた。残念ながら、これ以外の当時作成したGame Musicは記憶の中以外には残っていない。
© Jazzie Jam. All Rights Reserved.


After "IKATEN"
[1991 - 1995]
※音源を限定公開
バンドブームを巻き起こした『イカ天』の後、「バンド組みたいから曲作ってくれ」的な確実性の無い話が蔓延していた。
Game Musicよりは華やかだった為、何曲か作成したが、アウトプットを出せる人間が少なかった為、基本的には曲を作っただけに留まる。
© Jazzie Jam. All Rights Reserved.


Before "Jazzie Jam"
[1998 - 1999]
※音源を限定公開
Jazzie Jamを名乗る前に『Ballad Soul計画』への布石となる実験的な歌物のトラックを作成していた時期ある。
「宇多田ヒカルやMISIAが出てきたから、皆Soulの歌い回しが出来るのだろう」と甘い考えをしていたが、この後、数年間その考えが実際に甘かった事を思い知る事になる…
© Jazzie Jam. All Rights Reserved.


Ballad Soul [バラッド・ソウル]
[2000 - 2007]
※音源を限定公開
InstrumentではなくVocalを含めて構成された最初のPJT。
本当に様々なSingerが参加したが、最終的にリリースには至らず。MonicaやLauryn Hillの様な歌い回しを国内に求める事が如何にナンセンスであるかを理解しつつ、夢は諦めきれなかった20代であった。
楽曲「Want to See You(Music:Jazzie Jam)」は、2001年に当時24歳の日本人と台湾人のMIXの女性Singerが歌った。
© Jazzie Jam. All Rights Reserved.

works
アロエスミス
[2004]
某楽器店の音楽スクールでBassを習いに行っていたときに、音楽スクールの発表会があり、その為に結成されたバンド。VoとGtは自身Bsは同じ世代で26~27歳であったが、Keyが50代、Drは14歳という、3世代バンドのような構成であった。
発表曲は『Aerosmith』の『I don't want to miss a thing』で、生徒が構成するバンドの中では、トリを務めた(一応、スクール内でうまい人間を集めたらしい)。バンドを組んだのは、生まれてこの方、最初で最後であった。自分の人生の中では非常に貴重な経験である。


Orka
[2006 - 2007]
※音源を限定公開
沖縄出身の報道レポーターSinger。
某中央放送局の昼間の番組でレポーターも熟していた。
楽曲「愛されてみたい(Music:Jazzie Jam)」を最後に故郷で報道を行う為、PJTは終了する。
© Jazzie Jam. All Rights Reserved.


Yu*i Rhod*s
[2013 - 2014]
※音源を限定公開
日本出身の平成生まれSoulシンガーYu*i Rhod*s。
想像力のあるSoulfulな歌い回しで、『United Sweet Soul』の黄金期の始まりを予感させた。2014/09/30にレーベルを卒業する。楽曲は「Issyo ni Aruite(Music&Lyrics:Jazzie Jam)」。
© Jazzie Jam. All Rights Reserved.


PJT of USAGI
[2015 - 2019]
謎のキャラクター「うさぎ大臣」の謎のテーマソングの為に結成された。 歌を声優の『栗田エリナ』氏が担当し、自身は別名義の『Usagijam/Jazzfood』で音楽と歌詞を担当した。リリース面で大人の事情で頓挫し、間もなく1代目Vocal『栗田エリナ』氏が卒業する。その後、次のVocalが決まらなかった為、PJTは惜しくも終了している。
Project Page

▼MUSIC INSTRUMENTS


使用機材について、過去現在、記憶の限り記述して行きたい。音楽の記憶は意外と思えているもので、初めてマウスで音符を打ち込んで曲が作れる事を認識した中学生の頃を懐かしく思う。アップライトのSteinwayを譲って貰える話を断ったのは今でも後悔している。

こうして見ると、国産メーカーの機材やソフトウェアが少ない事に気づく。また、昔お世話になったRoland機器を買いあさって行くかな…


名称 
Pro Tools
会社 
AVID (USA)
使用年
2006-
名称 
Scarlett 2i2
会社 
Focusrite (UK)
使用年
2020-
名称 
KOMPLETE
会社 
NI (Germany)
使用年
2010-
名称 
GOLD
会社 
WAVES (Israel)
使用年
2011-
名称 
Melodyne
会社 
Celemony (Germany)
使用年
2006-
名称 
SL-1200MK3D
会社 
Technics (Japan)
使用年
2002-
名称 
F-100
会社 
Roland (Japan)
使用年
2007-
名称 
JB62-75US
会社 
Fender Japan (Japan)
使用年
2003-

10代中盤から20代中盤はRoland機器に大変お世話になった。TR-808(やおや)をはじめ、多大なるunderground musicへの貢献に敬意。


名称 
Music Pro 68K
会社 
SHARP (Japan)
使用年
1991-1994
名称 
Ballad (ミュージ郎)
会社 
ROLAND (Japan)
使用年
1994-1996
名称 
Logic
会社 
emagic(Germany)
使用年
1996-2002
名称 
SONAR
会社 
ROLAND (Japan)
使用年
2002-2006
名称 
VS-880
会社 
Roland (Japan)
使用年
1997-2004
名称 
O3D
会社 
YAHAMA (Japan)
使用年
1998-2004
名称 
SC-88 Pro
会社 
Roland (Japan)
使用年
1996-2006
名称 
MC-505
会社 
Roland (Japan)
使用年
1998-2004
名称 
JP-8000
会社 
Roland (Japan)
使用年
1996-2004
名称 
S-760
会社 
Roland (Japan)
使用年
1996-2004
名称 
Mbox2
会社 
Digidesign (USA)
使用年
2006-2020
名称 
Sonik Synth 2
会社 
IK Multimedia (Italy)
使用年
2006-2009
名称 
SampleTank 2 XL
会社 
IK Multimedia (Italy)
使用年
2006-2009

▼STAFF ROOM